住宅ローン つなぎ融資

住宅ローンのつなぎ融資の意味

住宅の画像

 

住宅ローンは住宅を購入する際に非常に便利なものです。

 

住宅は非常に高額なもので、通常はローンを組まないと購入できないものですが住宅ローンを利用することで低金利で購入することができ、且つ税金も優遇されるというメリットが有ります。

 

しかし、一般的に対象となる家が完成してからでないと融資が受けられないという欠点があります。

 

多くの銀行などは完成した家を見て実際の担保価値を判定し、最終的な融資額を決定する事になるため住宅が完成する前に融資を受けることは出来ないのです。

 

 

しかし、自分で土地を用意して注文住宅を建築したり、家を建て替えたりする場合などは、建築を行う工務店などに手払う手付金や棟上げ後に支払う一時金などを用意する必要があるため、資金が必要になります。

 

その為、住宅ローンの融資を受けるまでの間、一次的に別の融資を受ける必要が生じます。

 

これをつなぎ融資と言います。

 

このつなぎ融資が有ることで余分な利子の支払いが発生し、本来の支払いよりも多くの利子を支払わなくてはならなくなってしまうのです。

 

 

最近ではつなぎ融資不要の住宅ローンが増えています。

 

これは住宅が完成する前に一定の条件を満たせば融資が受けられるもので、不要な利子を支払わなくて済む上に、返済も一本化できるため非常に便利なものです。

 

その為、最近では多くの金融機関で非常に人気のローンとなっているほか、注文住宅を販売する工務店などでは金融機関と連携しこのローンを斡旋する所も増えています。

 

 

住宅ローンのつなぎ融資について

住宅を取得する場合、多くの人は住宅ローンを組みます。

 

住宅取得には新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建てなどがあります。

 

その中で新築一戸建ての住宅ローンを組む場合は手続きが異なります。

 

これは、住宅の建築にあたり、着工金、中間金の支払いが生じるからです。

 

その時つなぎ融資を利用することになります。

 

建物の場合のローンは原則、建物が完成したものに融資されますが、完成していない場合は銀行などの金融機関から、つなぎで借入を行うことをつなぎ融資とよびます。

 

その場合は融資を借入している間は、金利のみを支払い、建物引渡しの時に住宅ローンで精算するという流れになります。

 

新築マンション、中古マンション、中古一戸建ては新築一戸建てとは異なり建物がありますから、着工金、中間金の支払いを行わなくても済み、借入金をする必要もありません。

 

新築一戸建ての場合、着工金、中間金を自己資金で支払える場合は手続きが簡単にすみ金融機関を選ぶ時の選択肢が多くなり、有利なローンを利用できる可能性がでてきます。

 

フラット35でもつなぎ融資が利用できるものがあります。

 

土地得費用、着工金、中間金の最大3回の分割利用ができるものや土地購入資金、着工金、上棟金、竣工金の最大4回までの利用ができるものもあります。

 

これらを利用する場合に知っておくべきことは、金利の支払いが生じることです。

 

一般的な住宅ローンよりは3%程度高くなっています。

 

 

 

 

 

更新履歴