銀行 つなぎ融資

住宅を新築する場合には、借入金額の大小にかかわらず、その多くは住宅ローンを活用することで行われています。

 

住宅ローンは、一般的には建物が完成した上で必要となる手続きを行った後に融資がされることになります。

 

土地の取得や工事期間中での業者への支払いを行う場合には資金の工面をする必要があり、この場合にはつなぎ融資を受けることで対処をするようになります。

 

 

通常、住宅の購入においては、まず、土地の購入をした場合には契約後、住宅本体に関しては、着手金、上棟時、そして完成後に代金の支払いが行われています。

 

この場合に、概ね、上棟時までは銀行からの借入で対応をすることになり、最後に住宅ローンの融資が行われた段階で清算が行われることになります。

 

例えば、土地2,000万円、建物2,000万円の物件とすれば、土地代の他に、建物に関して600万円の前途、中間金と契約をしている場合には3,200万円の借入をする必要があります。

 

最後に本融資額となる4,000万円で清算されるようになります。

 

 

つなぎ融資を活用する場合の留意点としては、まず、本融資が行われるまでには利息が生じることがあります。

 

そのために借入額が大きな場合や工事期間が長く設けてある場合などではその分、支払う利息も大きくなります。

 

そして、当然、申込には諸費用と印紙税がかかることになります。

 

2つ目としては、銀行によってはつなぎ融資の制度を設けていない場合もあり、住宅ローンを組む場合には事前確認を行った上で申込をする必要があります。