住宅ローン 融資実行日

住宅ローンの融資実行日は何時なのか

住宅ローンを組んで家を建てる人は多いでしょう。

 

家を一軒建てるだけで数千万円の出費がかかりますが、それだけの資金をキャッシュで用意することはなかなかできません。

 

しかし、キャッシュでしかたてられないとしたら、ほとんどすべての人が家を購入することができなくなります。

 

そこで、銀行は住宅ローンを組んで、手元に大きな資金がない人でも家を購入できるようにしています。

 

 

もちろん、銀行は慈善事業でお金を貸しているわけではありません。

 

貸したお金に利息をつけて返済してもらうことで利益を出しています。

 

したがって、審査をした上できちんと返済ができると判断された人しか、住宅ローンを借りることができません。

 

 

ちなみに融資実行日は、申し込んだ人が建物の所有者となってからです。

 

なぜなら、銀行は建物を担保にお金を貸すので、建物が完成していなければ担保権を設定してもらうことはできないからです。

 

 

しかしここで問題が生じます。

 

最初にお金を調達する見込みがないうちに家を購入することができるのかと言う点です。

 

この点は、一応対策がとられています。

 

まず、事前審査を本審査の前に行っているのです。

 

そこで審査が通れば一応の、一応見込みがあると言うことで、建物を購入する契約を締結することができます。

 

 

そして、具体的な審査は後になってから行い、本審査に通れば建物完成後に、融資実行日が設定されます。

 

 

以上のような流れなので、融資を想定しているかたはあらかじめ、対策を考えておきましょう。